ライターって言ってもいろいろ種類があるんです

ブログ

いやーしかしあれだね
ブログってカテゴリ作ってから楽しいわ
自由に書けることが幸せだ
 
毎日のように仕事で原稿書いてるから尚更
そう 自分はライターって言っても原稿の人
だからwebライターとはちょっと違うかも
 
今やってる仕事は ほぼほぼYouTube用の原稿
動画用ってやつ
 
もちろん自分もライター始めた頃はwebライターの仕事やってた
サイトの記事を書くってやつ
 
ただ これがめちゃめちゃつまらなかった
あくまでも自分はって話
まーつまらんかった
 
とくにあれ 商品レビューの記事とか
構成はガッチリ決まってて ここはこのキーワードを盛り込んで書いてください みたいな感じのやつ
 
構成決まってるから楽じゃん って思いきや ぜんぜん楽じゃない さらにつまらんっていう
 
あれはきっと 理系の人が向いてるだろう
理系の人が文章をマスターしてやるのがいいと思う
だから向いてる人は向いてると思う
 
自分はマジで吐きそうなぐらいつまんなかった
そこでどうしたものかと
そしたらたまたまYouTube用の案件に出会って拾ってもらって
で やってみたら あー俺はこれだ ってなった
 
動画用の原稿ってなると もちろん情報は調べたりはするんだけど その先は創作作業になる
ここが記事とは全然ちがうところ
 
自分は映画とか小説とかがもともと好きで 思いっきり文系だから向いてた
というか 楽しくできた
 
調べた情報をもとに 動画として楽しくするという作業に手応えを感じた
 
たぶん自分は音楽とかもやっていたから 表現することが好きで 創作寄りの原稿の仕事が向いていたんだろう
 
つまりなにが言いたいかっていうと
webライターって言っても色々種類があるってこと
 
だから自分がやりがいを感じられるジャンル
つまり自分が強いジャンルでやることが大事かなと
 
なんでもそうだけど
苦手なことより得意なことを伸ばした方が絶対いいよね っていう
 
さて 風呂でラジオでも録って寝るかな