パラレルワールドは存在する!?一万円硬貨事件。

誰得雑学

はいどうもぉナンバーロックです。

 

えー今回は中学生が大好きな感じでいこうと思います

お題はパラレルワールドです。

 

 

どうですこの感じ。

中二ですかと。アラフォーだけどね

 

というわけで、あーそうパラレルワールドね。

これほんとにあるのかね?っていう話しを好き勝手にいこうと思います。

 

 

 

まず最初にこれいきましょう。

一万円硬貨事件。

 

 

 

 

もうね、これはあれですよ。完全にラスボス。

もうこれで決まりですよ。これだけでいいんじゃないかなと。

 

 

ほらあれですよ。ヒーロー戦隊もので一番最後に最強の必殺技出すでしょ?

それを最初に繰り出すっていうね。もう一発ですよ。ワンパンです。

 

 

 

うん。はいそんなわけでこの一万円硬貨事件なんですけど、すごいよこれ。

ほんとにちょっと気持ち悪い。

 

どこだったかは忘れたけど、普通のサラリーマン風の男性が、

コンビニで普通にレジでお会計するわけですよ。

 

でまぁ普通に財布から一万円って書いてある硬貨を出しちゃったわけ。

やばいでしょすでに。

 

 

 

であれですよ、コンビニの人は当然なにこれ?状態になりますよね。

こっから面白いよね。

 

だって一万円硬貨出したサラリーマンも、え?なに?状態だから。

2人でキョトンですよ。

 

 

 

でね、コンビニの人は、その一万円硬貨を出してきた人があまりにふつーに当然のように出してきたから、こう思ったんだって。

 

あーなんかこういう記念硬貨でも出てたのかなって。

 

 

 

もうね、ここまで最高でしょ。

キョトンとキョトン ですから。

 

 

 

で、まぁそこではそれで普通にお会計してちゃんとお釣りももらったわけですよ。

ありざしたー ってな感じですよ うん

 

 

 

で、こっからまた色々と出てくるわけ

 

 

やっぱりおや?ってコンビニの人も思ったんだろうね結局

で警察沙汰になるわけなんだけど

 

 

ほら硬貨って昭和何年とか平成何年とか書いてあるでしょ

この一万円硬貨にはなんと

 

 

昭和65年 ってなってたの

 

 

 

やばいでしょ

だって無いですからね 昭和65年なんて 存在なっしんぐです

 

昭和は64年になってすぐ終わったのかな ですよね

なのに きーっちり 昭和65年 っなってたわけよこの一万円硬貨は

 

 

でまぁそこはいったん置いといてですよ

 

この事件がふつーにサラッとテレビのニュースでも取り上げられたんですよ

もうそれはそれは普通の偽硬貨事件みたいな感じでね

 

いやいやいや だめでしょ と

色々おかしいじゃんって話しですよ

 

だって偽硬貨?で詐欺しようと思ったらさ

なんでわざわざ昭和65年にするの??

なんでウソだとバレやすいことわざわざするの?バカなの?ってなるでしょ

 

 

 

で ニュースでもサラーーッと言うわけですよ

昭和65年と掘られていました ってね

 

 

いやいやいやいやいや だめでしょ サラッと禁止

色々おかしいじゃん?ね?おかしいじゃん?ってばよ

 

 

 

でね こんなサラッとアホずらで全国放送しちゃったもんだから

まー大変ですよ

これ見たちょっとオカルト好きな全国の猛者どもが

ネットに書くわ書くわの拡散拡散 ですよ えぇ

 

 

言わんこっちゃないよ ってね

 

 

そこで出てきちゃうわけですよ

全国の中二アラフォーが

 

 

これはパラレルワールドだー 大事件だー って

 

 

 

あーあーあー ですよ ねえ どうすんのこれ って

 

 

もうほら 一連の流れがやばいからさ 中二アラフォーが食いつく食いつく

2ちゃんに書く書く っていうね

 

 

 

 

まぁでも実際かなり気持ち悪いよね

なにが気持ち悪いって 一万円硬貨をコンビニで出したサラリーマンはさ

なーんも疑いなく出してるわけ ここよここ

 

 

うちらが普通に一万円札を出す感覚ですよ

だからもうこれこの会社員も被害者じゃないのっていうね

 

 

だって逆に考えてみてくださいよ

普通にコンビニ行ってさ レジでお会計します と

んで財布に一万円札しかないから 普通に出すわけですよ

 

 

そしたら え? って顔されるんですよ

一万円札? なにこれ? って

 

で こっちもあれですよ

は? なに言ってるんだこの子は? って

 

 

 

だからきっと この一万円硬貨を出したサラリーマンもこの感覚だったんじゃないのって

 

ここですよここ

ここにミョーなリアリティを感じますよね

 

 

 

だってわざわざ嘘ついてまで偽の一万円硬貨出します?

普通のサラリーマンが おかしいでしょ

 

そんな昭和65年って存在もしてないものを敢えてわざわざ手間ひまかけて作ってコンビニで使うか?っていう

 

めちゃめちゃ手の込んだドッキリを なんで普通のサラリーマンがやるの?っていう

 

 

 

ねぇ おかしいですよね

 

 

 

あ そうそう しかもね

この一万円硬貨ってさ

 

国が作っている今の硬貨あるでしょ?五百円とか百円とか

なんとね それと同レベルの作りだったんだって

 

 

うぎゃーー でしょ

 

やばいでしょ 鳥肌もんでしょ

 

 

 

その やっぱり ちゃんと調べたんだって

作りとか成分とか

 

したら結果これですわ

成分も作られている精度も 国が作ったやつレベル だったってこと

 

 

 

ど ど どっひゃーー  でしょ うん

 

 

 

もうさ こんな話しがどんどん出てきちゃうわけ

ますますでしょ いよいよでしょ と

 

 

 

 

しかも仮に 愉快犯とかだったらさ

なんでそのへんのコンビニでさらっと終わらすの?って

大々的にやるでしょ 愉快したいんだから

 

それが実際はそのへんのコンビニでサラッと起きた出来事

日常の一コマですよ サザエさんですよ

 

ますます おいおいこれマジなんじゃね?ってなるよね

 

 

 

 

じゃーそのサラリーマンはどっから来たんだよ って話しになっちゃいますよね

で考えたくなくても 出てきちゃうのは

パラレルワールドじゃね? ってなるわけですよ

 

 

それ以外でどう説明するん? っていうね

ただの悪戯にしちゃ手がかかりすぎてるし

いろいろと辻褄も合わないわけよ

 

 

 

そう だからきっとあれじゃないかなと

多分ですよ たぶん

 

 

 

いま僕たちがいるこの世界から

ちょっとだけ  もうほんとちょーっとだけ

ずれちゃった世界軸が存在しているんじゃないかと

んでずれたまま平行して進んできちゃったんじゃないかと

 

 

で 実際ね

この宇宙も多次元宇宙論っていう立派な学説もあるのね

 

 

もうあれですよ 宇宙が無限にユニバースですよ

コスモ燃えすぎ 星矢くんですよ

 

 

 

とにかく宇宙は無限にあって そのうちのひとつに僕らはいるっていうね

ぼーくらーはみんなー いーきていーるー♪ ですよ

 

 

なんかふざけて言ってますけど

これマジメに偉い科学者どもが言ってますからね

もうわりと定説ですらあるっていうね すごいでしょ

 

 

あたまおかしくなりそうだけど まあ面白いよね

無限にある宇宙が平行して進んでいる っていうね

 

 

 

でね おもしろいのが

どっか遠くに ちがう宇宙がいるわけじゃなくて

この同じ空間に ほかの宇宙が存在しているんじゃないかって言われていること

 

 

 

どう?付いてこれてる? あたまパッカーンなるよね

 

 

つまり同じ空間にちょっとずれた世界が同時に無数に存在している

次元がずれてるから普通はお互い干渉できない っていうね

 

 

 

だから

あの一万円硬貨を持ってたサラリーマンはさ

なにかの拍子でこっちの世界に ぐわっと気付かずに入っちゃったんじゃないかなと

 

 

んでいつものように普通にコンビニ行ったら

キョトン と キョトン

だったんじゃないのかなって

 

 

 

まぁ結局なにが正解なのかはこの世界ではわかる人はいるわけもなく

 

 

もしパラレルワールドだとしても

答えがわかっちゃったらこの世界の根底がひっくり返るよね

 

 

謎は謎のまま だから謎 ってことですかね