【雲】種類は?発生原因は?なんで浮いてるの?【天気の子】

誰得雑学

はい、どーも、ナンバーロックです。

わたくしいつもふざけたブログばっかりですが、今回はマジメにいこうと思っております。

(おまえアドセンス狙いだろ?)

 

 

説明しよう!

グーグルアドセンスとは自分のブログに広告が貼れる審査が必要なシステムである!

マジメなブログにしか広告を貼る許可が下りないのであーる!!

 

 

(ん、ヤッターマンのやつね。了解。マジメにやれってマジで)

 

 

 

はい、そんなわけで今回のお話しはズバリ!

 

「雲」 である。

 

 

おーーマジメじゃん。やればできるじゃん。

いいよーブログっぽいよぉ。グーグルさんどうよ?ん?

(やめとけって、マジで)

 

おっしゃー!いっくぞー!!

 

 

雲は何種類あるの?

はい、まずはここからでしょう。

雲って色んな形があるのはなんとく知ってるけど、実際何種類あるんだろう?って話しですね。

 

調べた結果、どうやら10種類に分類されるようです。

結果はこちらっ!

 

すじぐも(巻雲 ケンウン)

 


すじ状の白い雲で、ほぼすべてが細かな氷の粒からなります。台風が近づくと最初に現れるので、天気が悪化する前ぶれといわれます。


 

あーいいねぇ。雲だねぇ。

やっぱ雲はいいねぇ。癒されるわぁ。。

 

高さは5000メートル~13000メートルとのことです。

たっけー。エベレスト級の高さってことですね。

うろこぐも(巻積雲 ケンセキウン)


細かな白い小石やウロコを並べたような雲です。台風が近づくと巻雲の次に現れ、天気が悪化する前ぶれといわれます。


 

こちらも高さが5000メートル~13000メートル。

地震雲って言われちゃってる可哀想な子ですね。

でも実際どうなんだろ?ホントに地震と関係あるのかなぁ?

科学的には認められてはいないようです。

地震雲 - Wikipedia

うすぐも(巻層雲 ケンソウウン)


うすいベール状の白い雲が、空を広く覆います。低気圧が接近する前に現れることが多いため、天気が悪化する前ぶれといわれます。


 

こちらも高さが5000メートル~13000メートル。

たしかに天気が悪いときに見るやつですね。

てか写真の一本筋が気になります。まさかUFOの仕業じゃ・・・

 

「UFOの記事はこちら」

【UFO宇宙人】って結局なに?ブッ飛び仮説をご紹介。【オカルト】
...

ひつじぐも(高積雲 コウセキウン)


丸みのある白または灰色のかたまりが集まって、ウロコのように見える雲です。高度の高い低温の場所では、氷の粒の集まりとなっています。


 

高さは2000メートル~7000メートル。

いいねぇ~キレイですなぁ、この写真。

うん、まさにひつじさんだよぉ、うんうん。癒されるわぁ。。

おぼろぐも(高層雲 コウソウウン)

 


太陽や月をぼやかす、灰色の一様な雲です。高層雲が発達すると下のほうが乱層雲となって雨につながる場合があります。


こちらも高さは2000メートル~7000メートル。

幻想的ですね。太陽がすりガラス越しのように見える雲となります。

いいねぇ~、この絵で一曲作れそうだわぁ。

 

お疲れなアナタへ

~おぼろ月夜~ 由紀さおり・安田祥子

あまぐも(乱層雲 ランソウウン)


低気圧の中心にできる暗い灰色の雲で、通称の通り弱い雨や雪を一定の強さで長く降らせます。


 

こちらも高さは2000メートル~7000メートル。

この雲が空を覆うと太陽が見えなくなります。

 

ダダンダンダダン!っていうターミネーターの曲が似合います。

私はなにを言っているのでしょうか。

うねぐも(層積雲 ソウセキウン)


空の低いところに現れる白または灰色の雲で、通称の通り曇りとなりますが、雨を降らせることはあまりありません。


 

高さは地上付近~2000メートル。

「うね」とは畑のうね、からきているようです。

畑のうね?なにそれ美味しいの?

 

オーケーわかったわかった。

ほれっ うねはこれね。俺やさしい。

 

きりぐも(層雲 ソウウン)


山の中腹など最も低い場所に現れる白または灰色の雲で、濃くなると霧や霧雨をともなうこともあります。


 

高さは地上付近~2000メートル。

いやー幻想的ですね。美しいです。

この雲が一番近くに感じますよね。山に旅行に行ったりすると遭遇するやつですね。

わたぐも(積雲 セキウン)


綿のようにもこもこと盛り上がった雲です。発達すると積乱雲(入道雲)になります。


 

あーいいねぇ。これぞ「ザ・雲」ですね。

草原でスキップしたくなるやつですね。

にゅうどうぐも(積乱雲 セキランウン)


雲の上部は高度も高く、氷の粒になっています。雨だけでなく「雷」「雪」「ひょう」をともなうこともあり、「かみなり雲」という通称を持つほどです。急に降ってカラっと晴れる「にわか雨」型の雲です。


地上付近から13000メートルまでの高さがある背の高い雲。

一番好きな雲です。子供の頃の夏休みを思い出して泣きそうになるやつです。

田舎のおばあちゃんやおじいちゃんの笑顔ばかりが思い出されます。

あー泣いてまう。

 

 

雲の正体は?


  • 空気中に浮かぶ水や氷の粒
  • 粒はチリに水蒸気が付いたもの
  • 吐く息が白いやつあれと同じ

 

へぇー、チリに水蒸気が付いてるのかー。

これは知りませんでした。普通に。

謎の説得力ありますね。白く見えそうですもん。うん。

 

うーん、てことは、空気中ってチリが浮きまくってるってことですよね。

そっちの事情も気になるところではあります。

 

 

どうやって発生してるの?


  • 空気が冷えて水や氷の粒になり白く見える
  • 上昇気流によって空気が冷えて雲になる

 

 

 

どこで発生してるの?

雲の出来る場所 ※上昇気流の発生場所 ⑴ ⑶ 雲 太陽 雲 暖かい空気 陽射し 蒸発 冷たい空気 ⑵ ⑷ 雲 雲 斜面を上昇 低気圧


上昇気流が発生する場所で雲が生まれる

  • 空気が暖まって上昇気流
  • 山にぶつかって上昇気流
  • 暖かい空気と冷たい空気がぶつかって上昇気流
  • 低気圧にぶつかった空気が集まって上昇気流

 

上昇気流をこんなに連呼したのは人生初でございます。

とにかく雲=上昇気流!ってことなんですね。

もう一生ここは忘れないでしょう。

なんで浮いてるの?


  • 雲ができる場所は必ず下から風に吹かれている
  • 1秒間に2cm~3cm下降している
  • 雲は下に落ちようとはしている
  • 上昇気流で落ちたくても落ちられないのだ

これは面白い!なんと雲は落ちたいのだ!

落ちたくて落ちたくて仕方がないのだ。でも上昇気流でケツを吹かれて「落ちれない」のだ。

それでも頑張って2cmぐらいずつ落ちているのだ。なんとも健気である。

砂漠にも雲はあるの?


  • 普通にあります

 

おい、話し終わっちゃうってば。

じゃーなんで雨が降らないのさ?答えてみなさいよ!


  1. 大山脈の風下に位置するため、山を越える前に降水してしまい雨が降らない。例:パタゴニア
  2. 亜熱帯高圧帯に位置するので、雲を赤道、中緯度に吹き飛ばしてしまうため。例:サハラ砂漠、オーストラリア
  3. 沖合いを寒流が流れるので、雲を成長させるだけの蒸発が起こらないため。例:アタカマ砂漠、ナミブ砂漠
  4. 隔海度(海からの距離)が大きく、水源から雲が到達できない。例:ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠

お、おう・・・了解。長すぎて飛ばしたわ。

マジメな人は読んでくださいw

雲の中ってどうなってるの?


  • 真っ白でなにも見えない
  • 霧の世界
  • 蒸し風呂の視界

どうやら雲の中では視界ゼロの霧の世界のようです。

蒸し風呂っていうか、スチームサウナ?の中みたいなのでしょう。

もうちょっとロマンティックな答えが欲しかったところではあります。現実は100%霧の世界です。

 

てか、写真の人はなんで外国人なんでしょうか。

わかりしだい追って報告します。

映画「天気の子」

ここで雲が大きく関わってくる映画、『天気の子』(2019年7月公開)をご紹介。

歴史的大ヒットを記録した『君の名は。』(2016年8月公開)から3年、新海誠監督の作品である。

天候の調和がくるっていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

私も公開当初に映画館で観ました。

まーよかったです。『君の名は。』のあとの作品は色んな意味で大変だと思っていたのですが、こちらの『天気の子』も自分は最高によかったですね。

 

この監督は天才でしょう。

 

多くは語りません。ネタバレになりますので。

まだ観ていない人はダマされたと思って2作品とも観てください。

 

絶対に後悔しませんから。ほんと「素敵な作品」としか言えません。

「面白かった」、なんて安っぽい言葉じゃ終わりませんから。

本気でオススメです。

まとめ

はい、そんなわけで今回は「雲」についてお話ししました。

種類や発生の原因など、ザックリですが知ることができましたね。

 

たまには空を見上げて雲の流れを見る、なんていいですよね。

素敵な時間だと思います。

 

あなた結局、映画『天気の子』を勧めたかっただけじゃないの?って言われそうですが、、

それでもいいんです。まだ観ていない人はぜひ観てほしいと本当に思っていますから。素敵な作品ですよ。

 

それではまたお会いしましょう。

ナンバーロックでした。